働き方4タイプ

初めてのナイトワークデビューをしたキャスト

不安だらけで始めたナイトワークも、
サポート万全で安心の出勤

伊藤 明日香(仮名) / 40歳

不安だらけで入った夜のお仕事

夜のお仕事はまったくの初めてです。赤羽駅でお店のマネージャーに声をかけてもらったのをきっかけにこの世界に入りましたが、正直、抵抗も不安もありましたね。

昼間の仕事と違ってお酒も飲むし、酔ったお客様を相手にしたりすることもあります。指名をとることなんてできるのかな、とも思っていました。

でも、普通よりも体験入店を長くさせてもらっている間に、スタッフから「体験のままだと、お客様にも一時的だと思われちゃうよ」などといろいろアドバイスを頂くことができました。それで、入店を決めることができた感じです。

お客様の方がお店に詳しい… そんな時も!

ありがたいことに結構早く指名がついたのですが、その方が以前からお店にいらしてくれていた常連のお客様だったんです。当然初めての私よりもお客様の方がお店のシステムをよく知っていたので、怒られたりしたこともありました。

そんな時もスタッフの方に「怒られちゃったんですけど」と相談すると、親身になって話を聞いてくれ、アドバイスをしてもらえたんです。心強かったですね。

Wワークでも、早く覚えたいから毎日出勤

昼間はリラクゼーション系エステで働いているのでWワークです。でも、仕事を早く覚えたいので、今は毎日入っています。業界ならではの用語やお店のシステムもわからないですし、ほかのキャストの顔も早く覚えたいですから。

昼間の仕事が長引いてしまってお店に遅れる、という状況になったことはまだないのですが、そういう場合も連絡さえしっかりすれば大丈夫みたいなので、安心して働くことができています。

※飲食店の内容は異なるため、ご応募の際に詳細を店舗へご確認くださいませ。